恒例の

電子書籍で拙作を販売しています。
最新作は『銀のスプーンを抱く天使』です。
【電子書籍のPuboo/須藤直希】でご確認戴けます。

今年もこの季節がやってまいりました。
24時間テレビです。先週末からバリバリ告知はいってますなー。

「やらない善よりやる偽善」
これは常時、須藤のモットーであります。
今もこれからも変わりません。やらない善など絵に描いた餅。
ぶっちゃければ「同情するなら金をくれ!!」。
それを悪いとはこれっぽっちも思いませぬ。実際、災害復興や福祉は何かと出費がかさむもの。お足は大事な偽善です。

ただ、番組のありようは変わってきましたな。
昔は海外の貧しい村に学校を建てたりもしていたけども、最近はもっぱら障害者。
それを悪いとまでは申しませんけども、時々「それは待て」と思う企画もあります。
いくらサポート体制を整えているとは言っても、かなり重めの障害がある人が富士登山とか、全盲の人がロードバイクとか、ちょっとした事故で簡単に死ぬんです。
自転車など、自民党の谷垣氏を表舞台から消してしまった。間違いなく頚椎。
やった場所がもっと上だったら、その場で死んでいたと思います。

身体障害と知的障害の人と。
「障害者なら精神はどうなってるんだ、精神障害者を出さないのは差別じゃないか?」
とは、須藤友人の弁。なかなかシビア。
そりゃあ難しいでしょう、「統合失調症陽性症状の人がじっと静かに12時間自室で過ごす」とか、相当ハードルが高い。そもそも論で、誰も出て来るまい。
だいたい、そんな企画、もし成功したら「面白くない」ですし、失敗すれば大変なことになるので通らない。
双極性障害の躁状態の方を舞台に上げてみる。
まずそもそも、その日に躁状態になっているかどうか不明。なっていたら惨劇。喋りまくり動き回り、一歩間違えば突如ケンカ勃発。全能感満載なのでコントロール不能。
生番組でカット不能の放送事故。

結局「制作側に都合がいい」「身体・知的障害者」の番組になっとるのです。
誰かが言っていた。
「チャリティー風バラエティ番組」
なんか、ものすごく納得してしまった。
さらに「ジャニ○ズ総出演」がつくと、なおよろしい。


少々(かなり)毒を吐きましたが、実際にこう思っております。
「須藤ってひでー奴」と思われるかもしれませんが。
残念ながら現状で、愛は地球を救っておりませんので、率直に申し上げました。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ANNOUNCE
※同人誌につきまして

在庫その他のお問い合わせはメールフォームからお願いいたします
17/11/2014 須藤直希

プロフィール

SUDOH Naoki

Author:SUDOH Naoki
趣味と勢いでBLを書く人
夜行性ナマケモノの亜種
短肢で尾はなく地上生活
水辺を好んで営巣するが
水泳は至極不得手である

エントリ表示不具合など
Mailformにて常時承り候

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ